もの忘れ外来 大阪府大東市の仁泉会病院

  • 仁泉会病院の概要と沿革
  • 医療法人 仁泉会
  • 個人情報について
  • サイトマップ

仁泉会病院ホーム > 診療科 > もの忘れ外来

もの忘れ外来

もの忘れ外来について

もの忘れ外来について 当院では、ここ数年来もの忘れ外来を積極的に行ってきました。主としてアルツハイマー、脳血管性、レビー小体型認知症の方々、その他の疾患を臨床症状、映像診断、 血液検査を行い又、神経内科(新谷先生)の指導、援助を得て総合的により的確な診断・治療をすすめています。
特に見逃してはならない認知症の原因として外科的認知症(特発性正常圧水頭症、慢性硬膜下血栓等)は、手術により回復される方が多く、一般の若年による認知症と格別に一層努力を注ぎたいと考えています。

また、平成27年度より当院のMRIがバージョンアップされ、早期アルツハイマー型認知症の診断支援システム(VSRD advance2)を利用することが出来るようになりました。
これによりアルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症が選別できる可能性があり十分活用していきたいと考えています。

自覚症状として少しでも気になる事がありあしたらお気軽に受診して下さい。特にご高齢の方々の変化に家族の方が注意していただくことが大切な早期発見と予防につながると思います。

もの忘れ外来の担当医師

堀部 邦夫(ほりべ くにお)

脳神経外科

専門 脳外科
日本脳神経外科学会認定医
堀部 邦夫

もの忘れ外来の診療時間

 
もの忘れ外来
(予約制)
午後診察
14:00~16:30
(受付:13:30~16:30)
- - - もの忘れ外来
堀部
- -

※都合により担当医の変更や診察開始時間の遅れが予告なしに起こる場合がありますがご了承下さい。

もの忘れ外来を受診希望の方へ

もの忘れ外来の受診は、完全予約制です。
予約受付電話番号:072(875)0100 
予約受付時間 月〜金 9:00〜17:00 土 9:00〜12:00

もの忘れ外来担当者から

認知症は治療すれば治るという病気ではありませんし、進行すると介護が必要になります。

仕事・子育て・核家族、介護問題と家庭をとりまく問題が多い中、高齢化が進み、認知症患者が増えているのが現状です。
しかし、認知症の介護は家族だけで解決できる問題ではありません。患者様と家族が穏やかな毎日を過ごせるよう周囲の支えを得ながら無理なく介護を続けていくことが大切です。 仁泉会病院看護部としてもの忘れ外来を通じ、地域で支える認知症ケアに取り組んでいます。

お電話でのお問い合わせ 078750100 月曜日から金曜日は8時半から12時 15時半から19時 土曜日は8時半から12時 土曜午後、日曜日、祝日、年末年始は休診

お問い合わせ

ページのトップへ