薬剤科 大阪府大東市の病院

  • 仁泉会病院の概要と沿革
  • 医療法人 仁泉会
  • 個人情報について
  • サイトマップ

薬剤科

薬剤科について

患者さまがよりよい治療が受けられるように、入院中の患者さまを中心に調剤業務はもちろんのこと、 医師・看護師をはじめ、いろんな部署との連携を大事にし、チーム医療の担い手として活動しています。
より身近に薬剤師を感じていただけたら嬉しく思いますので、お薬につきましてはお気軽にお声かけ下さい。

薬剤科について

薬剤科調剤業務(内服・外用・注射)

当院は約95%院外処方箋を発行していますので、入院患者さまのお薬を中心に調剤させていただいております。
医師が指示した処方内容が適正であるかを確認し、疑問点や問題点(薬の量、飲み合わせ、飲み方など)がある場合は、必ず医師に確認し、調剤します。
患者さまひとりひとりの服薬状況に合わせたお薬の調整をできる限り行い、より有効でかつ安心安全に薬物療法が行えるように努めています。

薬剤科薬剤管理指導業務

入院患者さまのお薬に関する情報をカルテより収集し、お薬についてベッドサイドにて説明しています。
皆さまが安心して正しくお薬を服用できるように、薬の飲み方や使い方の説明、副作用や飲み合わせのチェックなどを行っています。
患者さまとお話をしていく中で、医師や看護師などに伝えられなかったことをフィードバックし、共有することで患者さまのお薬に関する不安や疑問点にもお答えすることができるように努めています。
退院される際にも、退院後も継続して治療ができるように、退院時服薬指導を行います。
お薬手帳や説明書をお渡しすることで他の医療機関や調剤薬局との連携も可能になります。

持参薬鑑別・管理業務

患者さまが入院された際に持参された医薬品(「持参薬」)の確認をさせていただきます。持参薬と、入院中に処方されるお薬との相互作用(飲み合わせ)をチェックし重複投与を回避します。
また、ジェネリック薬品(後発医薬品)の持参薬も増えています。ジェネリック薬品の普及によりお薬の名前を聞いただけではどのようなお薬か解りにくくなりました。
薬剤師は、ジェネリック薬品も含めた全ての持参薬に関する情報を早く的確に把握し、主治医が良質で安心・安全な薬物療法を行うサポートをしています。
「持参薬」とは、患者さまが普段お使いになっているお薬のことで、飲み薬、目薬、貼り薬、塗り薬、注射薬など全てのお薬が含まれます。入院の際は、お薬だけでなく、薬袋・お薬の説明書やお薬手帳も大切な情報源ですのでお持ちください。

各種委員会活動業務

薬剤科・感染対策委員会
 医師・看護師などと協力しながら、院内感染防止のため、ICT(感染制御チーム)への参画、入院患者さまの抗生剤の使用状況の把握、TDM業務などを行っています。
・褥創対策委員会
薬学的な観点からの検討をし、褥創治療へのアプローチを行っています。
など


TDM(Therapeutic Drug Monitoring)業務

特定した抗生剤を使用している患者さまの血液中の濃度を測定し、その濃度から効果を最大限にかつ副作用を最小限にする投与方法を立案することです。
医師・看護師・検査技師などと連携を取りながら、その患者さまの状態に応じて、最適な投与方法を導くべく、業務しています。


薬剤科

DI(医薬品情報)業務

医師や看護師・その他のスタッフが医薬品を適正に使用できるように情報収集・分析し、提供します。


配薬業務

入院患者さまのお薬をひとりひとり間違いなく服用できるように病棟にて一回服用分ずつ配薬しています。


医薬品管理業務

医薬品の購入・在庫・品質などの管理をし、適正で安全な医薬品の使用ができるように定期的にチェックを行い保存状況や有効期限の確認を行なっています。


学生実習受け入れ

毎年、薬学生の病院実習の受け入れをし、業務はもちろん、病院の中の薬剤師の役割を学んでもらっています。



お電話でのお問い合わせ 078750100 月曜日から金曜日は8時半から12時 15時半から19時 土曜日は8時半から12時 土曜午後、日曜日、祝日、年末年始は休診

お問い合わせ

ページのトップへ