入院の費用について

  • 仁泉会病院の概要と沿革
  • 医療法人 仁泉会
  • 個人情報について
  • サイトマップ

仁泉会病院ホーム > 入院の費用について

入院の費用について

仁泉会病院入院の費用について

医療費には自己負担限度額があります。事前に限度額適用認定証の手続きを、
各保険者(ご加入の国民健康保険、全国保険協会の各支部、健康保険組合等)で
行う
ことによって、患者様の医療費の負担は自己負担限度額までとなります。

※自己負担限度額は、所得によって異なります。
なお、食事の負担額や室料差額などの費用は、高額療養費の支給対象には含まれません。

詳しくは、ご加入の保険者へお問い合わせください。

自己負担限度額(月額)

1,70歳未満の自己負担限度額

対象者 自己負担限度額(月額)
ア 標準報酬月額
 83万円以上
252,600円+(医療費 - 842,000円)×1%
イ 標準報酬月額
  53万円〜79万円
167,400円+(医療費 - 558,000円)×1%
ウ 標準報酬月額
  28万円〜50万円
80,100円+(医療費 - 267,000円)×1%
エ 標準報酬月額
  26万円以下
57,600円
オ 低所得者
  住民税非課税
35,400円

※ 69歳までの方で、入院・手術などで診療費用が高額になる場合、『限度額適用認定証』の
交付を受けていただき窓口に提示いただくと、診療費用の患者負担額が軽減される制度です。
診療費用が高額となった場合、全額をお支払いいただいた後でも保険者に対し申請を行えば
この制度で定められた自己負担限度額を超えた金額について払戻しを受けられます。
事前に申請を行い提出いただくことで、請求額に制度が適用され支払いを軽減できます。

2,70歳以上の自己負担限度額

対象者 自己負担限度額(月額)
現役並み所得者 80,100円+(医療費 - 267,000円)×1%
一 般 44,400円
低所得者 Ⅱ 24,600円
低所得者 Ⅰ 15,000円

※ 70歳以上の方は『高齢受給者証』を提示いただくことで、限度額適用認定証の申請を行わなくとも、
この高額療養費制度が適用されます。

※所得区分が「低所得」となる方は、「限度額適用・標準負担額 減額認定証」の申請が必要になります。
(「低所得」とは「住民税非課税世帯」の方です。)

入院費用の限度額適用について

  • 食事療養費として負担金が設定されていますので、保険の負担金と併せてご請求させていただきます。
  • 食事費用の算定は厚生労働省の基準により1食につき料金が計算されます。
  • 食事費用の免除(減額)証明書等をお持ちの方は、必ず入院時に提示ください

入院費用の限度額適用について

  • 当院が病衣を必要と認めた方または病衣を希望される方は1日100円でお貸ししています。
  • 希望されない方は入院当日及び翌日までに各病棟で申し出てください。

入院費用の限度額適用について

  • 室料差額(個室は室料差額をいただきます)
  • 文書料(診断書料、証明書料など)
  • 紙オムツは1枚単価とさせていただきます。
  自己負担額
紙オムツ 180円 1枚
フラット 50円 1枚
パット 大:180円、中:80円、小:40円 /1枚
はくパンツ 180円 1枚

入院費用の限度額適用について

  • 入院費は月1回(月末締め)請求書を翌月15日前後に患者様のお部屋に配布いたしますので、
    1週間以内に1階受付にてお支払いください。
  • 医師の指示により退院が決まりましたら、入院費用を1階受付にてお支払いください。
  • クレジットカードも使用できます。
  • 領収証は再発行できませんので大切に保管ください。

入院費用の限度額適用について

  • 健康保険証は毎月必ず1階受付に提示してください。

お電話でのお問い合わせ 078750100 月曜日から金曜日は8時半から12時 15時半から19時 土曜日は8時半から12時 土曜午後、日曜日、祝日、年末年始は休診

お問い合わせ

ページのトップへ